閉じる

私の犯罪歴を知らされた人に出会う ~だから何なの?~

先日、懇意にして下さっている地域の方からお誘いを受け、飲み会に行くことになりました。

 

お酒も飲まないし、お金もなく、人間関係に恐怖心を抱いてしまった私は、逮捕されて以降、大勢が集まる飲み会というものには全くと言っていいほど行ったことがありませんでした。

 

誘って下さったのは地域で民泊を経営されている年配の方で、その集まりは岐阜県に関わりのあった人間を集めるという変わった趣向のものでした。

 

私は短大生時代に岐阜県に住んでいたことを以前話していたためか、お声を掛けて頂くことが出来ました。

 

会場には8名ほどのメンバーが集まりましたが、何名かは初対面の方もいました。

 

それだけであれば記事にするまでもないことなのですが、参加者の中の1名に、地域の観光協会にお勤めの方がいたのです。

 

 

観光協会の方だと知って、私は胸騒ぎがしました。これは平和な飲み会では済まないかもしれない・・・

 

 

初対面同士の人がいるということで各自が自己紹介をすることになったのですが、私は手短にこう答えました。

 

 

「初めまして、静岡県から移住してきて2年半ほどの、加納と申します。よろしくお願いいたします。」

 

 

それを聞いた観光協会の方は、とっさに下の名前を聞いてきました。

 

私はドキッとしながらも、「ケンシロウといいます・・・。」と答えました。

 

 

すると、観光協会の方は一呼吸置いて

 

 

「もしかして文化展に作品出されてました?」

 

 

と聞いてきたのです。

 

 

そうです、その方は去年の文化展の時に、あの手紙を受け取っていた人だったのです。

 

今年も嫌がらせをされるのか?~地域の文化展~

 

この手紙は文化展実行委員会の他、観光協会と町役場の計3箇所に送りつけられていました。

 

1年前にそのうちの一通をその方が受け取り、中身を見ていたことを覚えていたのです。

 

 

名前を言っただけで犯罪者であることがバレてしまう。これはとても恐ろしいことだと思います。

 

私はとても気まずくなりました。どんな顔をすればいいか分からなくなり、飲み会の場にいることが急に怖くなりました。

 

 

しかし、そこで逃げてはダメだと自分に言い聞かせ、話の流れを見つつ、7人の参加者の前で自分の過去を正直に打ち明けることにしました。

 

すると、それを聞いた皆さんは私を責めることはせず、「それは辛かったね」と気持ちを汲み取って下さったのです。そして皆さんが私を励ましてくれました。

 

「どんなに暗くて辛い過去があっても、今の加納さんが幸せならそれでいい。」

 

そう言ってくれた人もいて、私は胸が熱くなりました。

 

 

やっぱりこの町に住んでいて良かったと改めて思いましたし、こうして人の優しさに触れるごとに、少しずつ傷が癒えていくような気がしました。

 

 

それだけでなく、観光協会の方はその手紙を受け取った時に職場はどんな雰囲気だったかを話してくれました。

 

「こんなものをウチに送りつけて、何がしたいの?」

「加納さんって人にこういう過去があったとして、だから何なの?」

「これJRの人間が送ってきた感じだよね、怖い会社だね。」

 

そんな空気だったと教えてくれました。

 

誰も加納さんのことを卑下したり、犯罪者がこの町に住んでて怖いとか、そんなことは言わなかった・・・そう教えて頂けて、心の底から安心しました。

 

やっぱりここには自分の居場所があるんだと改めて実感することが出来て、感謝の気持ちしかありませんでした。

 

この気持が得られたことの価値を考えれば、飲み会の参加費など安いものだと思えましたし、このご縁をきっかけに皆さんに対して私に手伝えることがあればやりたいと思えました。

 

 

外へ出て、人と関わる。

 

 

それを繰り返すうちに自分の傷も癒えて、再び社会生活が送れる人間に戻れるような気がしました。

 

JR貨物という大きな会社の中には、未だに私を潰したい人間がきっと居るのだと思います。ですがその人たちにどんな嫌がらせを受けても、私に今の居場所がある限り、心は支えられるように思います。

 

過去の自分には大勢の敵がいても、今の自分には大勢の仲間がいる。

 

自分のあり方ひとつで、今の自分を救うことは出来るのだと感じました。

 

犯罪者というレッテルが貼られた人間に居場所を用意してくれた地域の皆さんのためにも、日々感謝の気持ちを忘れずに過ごさなければと改めて思いました。

 

 

思い返せば執行猶予生活が始まった当初である2年前にはよく体調を崩したし、常に鬱っぽい心理状態で、一度3週間の入院を余儀なくされるほど悪化したこともありました。

 

しかし気づけば体調不良に苛まれる日も少なくなり、精神的な部分でも安定してきたような気がします。

 

大自然に覆われたこの町で環境に癒やされ、人の優しさに癒やされ、体も十分に休ませたと思います。

 

もう少し療養すれば、社会生活に復帰出来るのではないかと考えられるようになってきました。

 

 

今年は何事もなければ執行猶予が終わる年でもあります。

 

執行猶予終了と共に社会復帰することを目標に、心身の療養を頑張ろうと思えた・・・そんな素晴らしい飲み会だったのでした。

 

 

この記事のカテゴリ「前科者の現実」に関する記事一覧はこちら。

 

私の犯罪歴を知らされた人に出会う ~だから何なの?~」に4件のコメントがあります

  1. いろいろあったみたいですね。まぁ一つ言えるのが元気?そうでなにより。
    みんな元気にしてるのかな?っと9年近く前の職場を懐かしく思ったりします。
    あれから、なんだかんだ3回転職をして、今の会社は7年目。
    わたしもいろいろありましたが、元気に岐阜で働いています!
    人生死ぬまで成長なのでお互い頑張りましょう!

    1. >岐阜県出身の元駅員さん

      コメント下さりありがとうございます。なんとなく何方かお察ししていますが、貴方もお元気に過ごされているようで何よりです。

      このブログの通り、私は道を踏み外して犯罪者になってしまいました。正直とても元気と言える状態ではありませんが、生きるか死ぬかという選択に悩むほど追い込まれた状態からは回復することが出来ました。

      JR貨物への入社から起算すると、もう10年にもなるのですね。色々振り返ると、10年というのはいかに長い時間かと思ってしまいます。

      貴方はその期間に転職を繰り返し、自分の居場所を見付ける行動力があったことはとても素晴らしいと思います。私は仕事をしながら何かが違うと感じつつも、好きな仕事だからとダラダラと居座ってしまった結果、心身ともに悪い方へ行ってしまいました。

      前科という足かせは死ぬまで一生付きまとうものだと思います。なので今後50~60年の人生、今まで生きてきた時間の2倍近くはその現実に向き合わなければならないのかと思うと、20代にして人生が終わったとしか思えなくなるものです。

      嫌気がさしたらいつでもリタイア出来ると、留置場の相部屋の方が教えてくれてから気持ちが楽になりました。すぐに死のうとは思わなくても、今後は変な欲をかかず、流されるまま生きればいいかと思っています。

      貴方は今後も前向きに、元気で過ごして行かれますよう、祈っております。

  2. 私も実名報道されて以後、人にフルネームを名乗ることに恐怖を覚えています。人間の好奇心とは無限ですから、親しくなってその人を深く知りたいと思えば必ず名前で検索するわけです。検索した結果、私の過去が明らかになり、私に失望した検索者が私から離れていくのは仕方ありません。問題は、そのようなワーストな事態が「もしかしたら」起きるかも知れないという継続的な恐怖と戦わなければならない点です。「もしかしたら」というのはその出来事が起こるほぼ確実な予測なのですが、その出来事が起きない可能性も数パーセント残っている訳です。これは言ってみれば確定死刑囚が、その日までに死刑が執行されなかったからといって、死刑が永久に執行されない可能性に賭けるようなものです。早く死刑が執行された方が楽なのに、生殺しの状態にされ、もしかしてその出来事が起きない「希望」まで存在する‥‥実名報道された者の苦しみは単純な「絶望」ではなくって、「絶望」と「希望」との間を慌しく往復しなければならない点にあります。
    今回の加納さんのエピソードが、加納さんの過去を知っても周りの方が「だから何なの?」と一蹴した点に、私の価値観を上書きする斬新さがありました。これには人間が一番隠しておきたい個人情報の、それも前科の情報を自ら進んで告白した勇気への賞賛も含まれていると思います。この事態は言わばいつまでも「希望」に留まることを許された生き方の実現を可能にしますよね。世の中捨てたものじゃない、と言えば単純な言い方になりますが、実名報道で苦しんでいる者にとって勇気を頂くエピソードでした。

    1. >RT30さん

      いつもコメントをありがとうございます。
      そうですね、知り合いがいつどのタイミングで自分の名前を検索するか分かったものではありません。そしてもしバレてしまったら・・・という恐怖感が、ずっと精神を追い込み続けるというのは本当その通りだと思います。
      生きていたらそういう苦痛が続く。だから死んでしまえば全て終わりに出来る。そんな考えに行き着いてしまうのも無理はありません。

      私は自分の汚い過去を自ら告白するようにして、良かったと思っています。世の中にはまだまだ心優しい人が沢山いるということを知ることが出来ましたし、そのおかげで些細なことにも感謝の気持ちを持って生きることが出来るようになりました。
      それは自分の周りの不満ばかりに意識を向けて、常にイライラしていた私の会社員時代よりもずっと健全な精神状態だと思います。

      実名報道された上に陰湿な人間に目を付けられてしまった立場ですから、今後も嫌がらせをされることはあるかもしれません。ですがそういう人間と戦うことを考えるより、私を支えてくれる人に感謝して、自分に出来る恩返しを考えて生きていこうと思いました。今後もお互い頑張りましょう。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。

© 2019 運転席と塀の中 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.